仲良しサークル男子と人生初合コン

専門学校生時代に初めて参加した合コンの話です。

結構というよりかなり前に話ですが、19歳の専門学校の時に同じ寮にいた女子から頭数要員で声がかかりましたが、正直彼女とはあまり話もしたことがないくらいの関係でした。言ってみれば暇だったし「合コンとはなんぞや!」的な興味本位でした。

大体の人は最初はこんな感じの気持ちでの参加と思います。行ってみると、頭数としての参加なので他の女子とはほぼ初対面ですので話もできないし、肩身の狭い思いをしていた様な気がします。

そして大事なお相手はというと、同じ地区にある四年生大学の温泉サークルのメンバーとの合コンということで、若者というよりは安定してる感がかなりある方々でした。

最初は女子・男子と別れて座っていましたが食事もすすみ交互に混ざって座り、言ってみればカップルになる感じのシュエーションでした。

そんな近くに座ったにしても何を話したかなんてあまり覚えておらず、ただ「休みになると車に乗ってみんなで温泉に入りに行ったり泊まったりしていて充実している」という感じの事を聞いた覚えはあります。

私的には「みんな彼女いないんだね。もし彼女とかできたらどうするんだろう?友情にひびが入る?もしこの中の誰かと付き合うようになったりしたら一緒に車に乗って温泉同好会と同行?いやいや~」と先を考えたりしました。

周りの人の考え方はわかりませんが、合コン=付き合う的な感じもあったので、正直引いてました。

そして、食事も終わり移動しようという話になった時に「車があるから皆で心霊スポットに行こう!」てな話になりまして、クリスマスも近い季節により寒くなる場所に行きましたね。

私は全く何事もなかったにですが、別の女の子が気分が悪くなり即帰りました。車なので皆最後まで送ってくれて助かりました。

今考えると、車に乗るなんて何されるかわかんないのに本当自分含めみんな怖いことよくしたな~と考えます。

さすが「温泉サークル!」安全サークル!って感じでしたね。

おそらく結婚相手としては大変いい男性方だったのでしょう。さて、合コン当日は終わりましたが、一応連絡先の交換まではしておりました。

温泉サークルにしては高身長・色黒・昔でいう吉田栄作似に方でした。時代が分かってしまいますが、携帯なんて無い時代でしたので個人的な連絡はなかなかできませんでした。

温泉サークルの一人の自宅からの電話で周りには皆いる感じで、こちらも学校の寮にかかる電話に出るしかなくどうなるか先は見えてました。

少し気にはなりましたが「気なるということはあいつが好きなのか?付き合うのか?」と温泉サークルの仲間に問い詰められ、かなり引いてしまい最後は付き合ってもないのに別れようみたいな事を言った覚えがあります。

最後に話をしたときには、もう会わないと決めていたのに車に乗せられ移動したので恐怖しかありませんでした。

しかし物静かに話す彼は、実は経済的に家庭が厳しくてその時代に奨学金を受けて大学に行っていて真面目な人でした。

すぐに車を降りることはできましたが、今考えるといい人だったかもしれないし、もしかしたら自分も違う人生があったのかもしれないと想わせる人生最初の合コンでした。

彼だったらきっと早くに奨学金は払い終わってるでしょう。

うわ!アイツが合コンの相手?心の声が思わず出てしまった合コン

私、花子が34歳ごろの合コンの話です。
アラサーと言っていられるのも時間の問題、焦って色々なツテを頼り合コンをセッティングしてもらう日々でした。
34歳くらいともなると、こちらが「合コンをお願いする」立場になり、選ぶより選ばれる立場になってしまった自分がなんともやるせなくてつらい時期でした。

そんな時、私が勤めていた職場で以前働いていた同い年の女性Aちゃんが、今の職場で出来た友人Bちゃんの知り合いと合コンをするからおいでよとお誘いがありました。

3対3の合コンで、お相手は私たちより少し年下の31、32歳くらいの男性たちとのこと。
女性陣は浮き足立ちました。

金曜日の夜、それぞれの職場からほど近い場所の和風居酒屋で合コンは開催されました。
女性は全員揃っていますが、男性は一人遅れています。
正直、先に来ている男性二名は「ナシ」な感じだったので、残る一人に女性陣みんなが期待していました。

「遅れてすみません」
入ってきた男性を見て、おや?と思いました。
どこかで見たことがある・・・そう記憶のアルバムをめくっているとすぐ分かりました。
と、同時に思わず声が出てしまいました。

「田中(仮名)!!」
記憶のアルバムと目の前の男性の顔が一致した途端、なんと呼び捨てで彼を呼んでしまいました。

田中とは、私の勤めている職場で、半年くらい前に「1~2ケ月くらい」勤めて辞めていった男性です。
仕事が出来なすぎて周りの人は手をやいているのに、それに気付かず「オレ様キャラ」だったので、とても強烈に覚えています。

あまりにも仕事が出来ないので会社としてはクビ宣告をしようかという時に、彼の方からこの仕事は自分には向いていないと去っていったので、人事の人がホッとしているとウワサを耳にしていました。
そんな彼なので、あまり関わりの無い私も陰で皆と「田中、田中」と呼んでいたので、ついポロリと顔を見た瞬間「田中!」と叫んでしまったのでした。

当の田中は一瞬キョトンとした顔をしていましたが、私のことを覚えていたらしく、「あれ?もしかして花子さん?」と田中呼ばわりされたことを物ともせず私に話し掛けてきました。

さすが田中・・・なぜたいして面識のない女性が自分を呼び捨てにしたかなんて深く考えないところがある意味さすがです。
でも私の視線の端であきらかに他の男性二人は何かを察知した模様です。

そりゃそうですよね、初対面で呼び捨てでしかも後から聞いたAちゃんの話では、その時の私は額に思い切りシワを寄せて、まるで「コイツが合コンの相手か、こりゃナイわーー!」
と言わんばかりの表情だったそうです。
そんな失礼なオンナは逆に男性陣からも「ナイ」と思われたことでしょう。

しかし、私の思いとは裏腹の男性がいました。
そう、田中です。
田中は自分のことを覚えてもらっていたことが嬉しかったようで、「あんなに少ししかあの職場にいなかったのに、覚えててくれて感激です!」と私は田中にロックオンされました・・・

その後の私は、もう今日の合コンは何の実にもならないと、大いに食べて飲んで、酔っ払い、その後も「田中~田中~」を連呼していたそうです。
しまいにはまさかの田中と連絡先交換までしてしまいました。
その後何度か田中からお誘いの連絡はありましたが、彼とどうこうなることはありませんでした。

今でも友人Aちゃんと会うと、あの時の合コンの花子は酷かったと、話のネタにされています。
それ以後、たとえどんな相手でも顔や心の声が思わず出ないように、細心の注意を払うようになりました。

失敗するのが当たり前、盛り上がらない合コン体験

メーカーのルート営業職、26歳男性です。20歳前後はよく参加していた合コンでしたが、久しぶりに自ら企画した合コンで、大失敗を体験してしまいました。

今から振り返ると、失敗する要素が多くあったにもかかわらず、しっかりと対策も考えもせずに挑んでしまったのが大失敗だったのです。でもそもそも合コンって、そんなにいろいろと慎重に企画したり参加したりするものではないので、ある意味しかたないのかなぁ、とも思っています。

その合コンのきっかけは、会社関係。私の営業先であるお客さんの、窓口業務をしてもらっている事務のお姉さんです。いつも営業で訪問してるうちに仲良くなったので声をかけ、思わず誘ってみたら以外にOKでての合コンとなりましたが、ここで失敗でしたね。

なんといっても一番の太客だったので、自分でもあまり無茶もできないし、適当にもあしらえない、何かあって営業成績に響くと、ホント半端ないので自分の行動が慎重になってしまっていました。ちょこちょこ助けてもらっている窓口の事務員さんにちょっかいだして、何か影響があっても困るし、別の子とうまくいって機嫌を損ねてもなぁ、なんて余計なことを考えてしまい、全然合コンに集中できないのです。

しかも一緒に行った男性陣も同じ会社で、ウチの大取引先というのもわかっていたので、全員が大人しくなってしまったのです。何をやってもムチャもできないし、盛り上がらない、盛り上げようともしない。こんな合コンってあるの?!

というぐらい途中から辛くなったものの、変に途中で切り上げることも失礼になるし、最悪でしたね。しかも、そもそも集まった女性陣も、かわいくない。合コンって女の子が全てといっても過言ではないのに、そのお姉さんが自分が勝てるメンバーを集めてしまったらしく、なかなか辛いメンバーとなってしまったのです。

振り返ると私が声をかけたお姉さんは、社内でもお局様に近い立場で、その分私を助けてくれもしたのですが、確かに女性陣の中では浮いていたのかもしれません。そのお姉さんが誘って参加する合コンメンバー、もっと早く気が付いて、避けるべきだったのです。

暗い、元気ない、かわいくない。こちらも問題ありですが、女性も盛り上がる要素がないので、ホント会社の飲み会に近い、常に低空飛行で時間だけが進む合コンです。

そして場所もふつうの居酒屋。女性陣の希望で、立地的に相手の会社の近くで選んだのですが、繁華街でもなくちょこっと店があるだけ、それも普通の居酒屋なので、お店の人も盛り上げるすべがなく、誰も助けてくれない状況。もちろん二次会も、行くつもりにならなかったけど、お店もないので、そのまま解散になってしまったのでした。

合コンってノリや勢いも大切だと思います。ただ、何でもかんでも合コンできればいい、というのではなく、やはり仕事などのシガラミは避けて企画すべきだと学んだ、後悔だけが大きく残る合コンとなりました。

初めての合コンは幹事でした。最悪でした。

タイトル通り、初めての合コンは幹事でした。男性側の幹事は大学生の頃の同級生。彼女がいるのと、私は別れたばかりだったのでセッティングだけすることになりました。私の友達は可愛い子が多いので、誰を誘うかとても迷いました。

しかし、久しぶりに誘うのに、合コンは嫌がられるかと思ったので、退職した会社の同期を誘いました。こっちは楽しく過ごせればいいかな程度に構えていました。私の同級生の実力を甘くみていたのです。予想通りの展開になりました。

コテコテの関西人と無口で冴えない人と幹事でした。コミュニケーション能力も関西人はグイグイ来るけどつまらない、無口な方は自分のことしか喋らないでつまらなかったのです。唯一、男性側の幹事は彼女が途絶えない人だったので、女性の扱いが上手いのです。

幹事はイケメンだったと言われました。やはり、彼女がいる男のほうが魅力的らしいです。後日、LINEでグループを作りましたが、一回も誘われない。当たり前ですが。しかし、私が誘った女の子達は誘われたようです。

しかも、合コン中、私は関西人に「帰っていいよ」と言われたのです。あり得ないと思いませんか?誰のおかげで彼女たちとお話しできていると思っているのか?最悪でした。女子の中で、やはり男性側の幹事が1番よかったとの感想でした。

最初から期待していないからよかったものの、私の実力を試されたような気がします。「どうせ、私の連れてくる男なんて大した事ないんでしょ。」と、女性陣からも挙がっていたのです。

もう、男性側とも女性側とも交流がない上に、音信不通なので、なんとでも言えますが、本当に女子のレベルは高かったです。男性側の幹事にはもっと頑張ってイケメンを連れてきてほしかったです。

そうしたら、私の株も上がったと思いますよ。もっと女性陣を喜ばせたかったです。せめて、楽しい人を連れてきてほしかったのです。帰れ、だなんて言う奴連れてきてほしくなかったのです。合コンというスタイルもお酒が飲めない人には向いてないんだなと思いました。

ノリが重視されるので飲めないなんて言ったらなんで来たの?などと言われるのです。っていうか、そんなこと言うやつ連れてこないでほしいのですが。そんなこんなで、私にとって合コンはストレスにしかならないということがわかりました。

もう、恐らく合コンに誘われることもないし、誘うこともないんだと思います。もうそんなに若くないからです。合コンするような歳じゃないんです。私には合わなかったというだけの話なのです。合コンに誘われることもありましたが、もうありません。

LINEのバックアップが取れなかったため、連絡が取れないのです。もう本当最悪です。どんどん友達が減っていきます。私の周りには、男性はいません。いっそのこと振り切ってSEXサイトにでも登録した方がいい男が見つかるんじゃないか?って思うくらいです。

開催した合コンでよかったことといえば、男性側が多めに払ってくれたことくらいでしょうか。それくらいしか思いつかないです。まぁ、これも経験の一つとしてまた、私はお一人様の道を駆け上がるだけだと思います。何かご参考になれば幸いです。

合コンで彼氏ができませんでしたが友達ができました

たくさん合コンに行ったことがありますが、なかなか自分の理想の人に出会えませんでした。友達と参加するのですが、友達は、合コン好きで、オフパコ掲示板を利用するほど男性遊びが激しいから、いつも友達が人気になります。

私は、なかなか理想の相手に出会えないので、食事やドリンクや雰囲気を楽しんでいます。ただ、合コンで男性の友達ができたことがあります。

その男性とは、合コンのときに、おしゃべりして、なんとなく、話が合うし、楽しかったから、友達になってもよいなーと思い、連絡先を交換しました。見た目は、タイプでは、なかったのですが、やさしい素敵な人でした。

合コンでは、彼氏は、できませんでしたが、友達は、作ることができました。その友達とは、恋愛の相談をしたり、たまに食事に行ったりしています。とてもやさしい男性です。

合コンで、彼氏を作るのは、難しいけど、友達を作るのには、よいなーと思いました。男性の友達って楽しいし、いろいろ相談できてよいなーと思いました。

私は、一人暮らししていたので、週末一人で過ごすのが寂しくて、よく友達と合コンに行っていました。やっぱり彼氏がいないときの週末って本当に寂しいです。友達が合コン好きだったから、いつも誘われて合コンに参加していました。

合コンに行けば、週末も寂しくないので、彼氏がいないときは、毎週のように合コンに行っていました。

暇つぶしや、彼氏がいない寂しさを紛らわすには、合コンが一番よいなーと思います。合コンに行けば、みんなと楽しくおしゃべりできるし、悩みごとも相談できて楽しかったです。

なかなか理想の人には、出会えなかったけど、合コンしている時期は、本当に楽しかったです。男性の友達も作れたから、満足しています。

合コンで出会った男友達とは、何年も友達関係が続いていて本当に友達として大切な存在になっています。お互いに今は、恋人がいますが、たまに食事したりしています。

いい出会いだったと思います。男友達は、女友達と違い、いろいろ気遣ってくれかり、やさしくしてくれるから、魅力的です。女友達とは、違うよさがありました。

合コンは、いろいろな出会いがあるから、彼氏がほしい方や、男性の友達がほしい方におすすめです。気分転換にもなるし、寂しさを紛らわすことができます。

一人で休みを過ごしていて寂しい方は、男友達を作るつもりで合コンに参加してみるとよいと思います。なかなか彼氏にしたいような人には、出会えませんでした。

とりあえず、男友達を作れば、いろいろ相談できるし、その男友達から、誰か紹介してもらえる可能性もあります。

合コンの雰囲気も楽しいから、ぜひ一人で寂しい思いをしている方は、合コンに参加してみてください。男性が飲み代をごちそうしてくれることもあってお得です。

私は、合コンで男友達ができたし、友達と合コンして楽しかったので、よい想い出になっています。いろいろな男性とおしゃべりすると、男性を見る目も鍛えられてよいですよ。

私が自ら企画した自衛隊員と介護職員のお見合いについて

私は、陸上自衛隊に20代の頃に所蔵しておりました時に、私が所属しておりました部隊は非常に女子自衛官が少ない状態であっても他部隊からすれば女子が多い部隊として有名でありました。

肉食系な自衛官にとっては女性自衛官であるWACについては、争奪戦でありました。

ですので、自衛隊マジックと言われる言葉があり、自衛隊に入隊した女子については、確実に彼氏ができて大半の女子が結婚までたどり着くことができると言う内容でありました。

そんな状況において私が所属しておりました部隊では、オタク男子の割合が非常に多く、パッとしない隊員が多いことに加えて、それが追い打ちをかけるような形で、部隊の大半の若手男子が女性と交際関係がないと言う方が非常に多かったのです。

そのような状況の中で私は、一足先に抜け駆けさせて頂くような形で、婚活サイトで先に彼女ができる状況になりました。そこから、駐屯地の創立記念行事や、夏祭りにおいて彼女を連れてきた際に、他の若い男性隊員が非常に羨ましがるような形で、私にその方法を聞いてきました。

私は、おしみなくインターネットでの婚活サイト出会ったことを教える形になったのですが、今一つピンときていないような形で、そのインターネットに接続してそこから、婚活サイトに登録してと言うような形で、パソコンの購入の仕方から始めなければならない状況でありましたので、私は、彼女に頼み込み合コンを設定して頂くことにしました。

彼女側サイドとしましては、介護職の女性の方々が6名連れてきてくださる形になり、自衛官側としましては、私を含めて4名での計10名での合コンを設定する形になりました。

自衛官サイドとしての自衛官の同期としましては大変喜ぶような形になり、やはり、普段苛烈な現場での訓練から、非常に顔が硬直していたのですが、合コン会場に到着しました自衛官につきましては、非常に表情が柔和になり、ずっと一点集中する形で女性陣を見ていたのが非常に楽しかったです。

やはり女性に免疫力の無い自衛官と言うのは、女性からしましても非常に可愛いみたいで、一途に愛してくれると思うみたいで、トーク内容としましては、硬直する自衛官に対しまして対面する女性陣達が笑いながらお堅い自衛官に対して和気あいあいと楽しませるような形で終始和やかにイベントが進むような形になりました。

収穫としましては、お互いが言いたくても言い出せない状況でありましたので、私が最後に「それでは今から携帯のアドレスを交換しちゃいましょう!」と言う形で拍子抜けのような形で全員がキョトンとしておりましたが、皆が焦り始めて携帯のアドレスを準備する仕草が非常に楽しかったです。

自衛官としましては、国防について語る一面が非常に大きかったので、それをフンフンと聞く女性達の横顔は非常に楽しそうな感じでしたので、また、機会があれば、自衛隊OBとして合コンを開きたいと思いました。